呼吸法の話を少しね!

こんにちは、リカです。

ヨガの呼吸は主に3つあって、「複式呼吸」「胸式呼吸」「片鼻呼吸」です。

・複式呼吸

役者さんとか声優さんはこの呼吸法をする人がほとんどです。

これは息を吸う時にお腹を風船みたいに膨らませて、吐くときに凹ませる方法です。これの良さはより多くの空気を身体に入れる事ができるのと身体がリラックスして声を出しやすくするんです。

通る声を出すなら複式呼吸が良いって言われてます。ただ、簡単にはできないのでどういうのが複式なのかわからない人も多いと思います。基本は皆さん胸式呼吸をすると思うので。

複式呼吸は仰向けに横になった時に呼吸をしてみてください。その時の呼吸は自然と腹式呼吸になってますよ。

・胸式呼吸

肺に空気を貯めてから吐く普段皆さんが意識しなくてもやっている呼吸法です。この呼吸法は実は声が少し出しにくくてのどを痛めやすい呼吸法なんですが、逆に身体を起こしたり、スッキリさせたい時にはこの呼吸法の方が良いと言われてます。

因みに普段からほとんどの人がしてるって言いましたけど、主に女性に多い呼吸法なんです。特徴は深く息を吸った時にお腹じゃなくて肩が上がることです。

・片鼻呼吸

実は一番聞き慣れないですよね(笑)この方法はハタ呼吸とかナディショーダナって言われ方をすることもあります。「ハ」は太陽を、「タ」は月を意味してて、左右の鼻を交互に使うことで体内の陰と陽を整えていく方法です。

この方法で意識するのは複式呼吸で、リラックス効果が高い呼吸法なんです。

と、ここまで呼吸法について書きましたけど、ヨガでは複式を意識して行うのが一般的です。身体をリラックスさせて無理なく動かすことが大事ですからね。

複式ができない人は最初はおへそあたりに手を置いて、置いてる手の箇所を意識して呼吸するようにすると自然に少しずつできるようになります。

手を置いての複式ができたら、今度は手を放して、頭の中で意識して行うようにすればできるようになりますよ!

もっと見る

呼吸の意識は大変

どうも、リカです。本日もながらヨガについて語って行こうと思います。継続することが大事ですので、楽しさ重視です♪

ちなみに私がいつやっているかと言いますと、仕事終わりにシャワーを浴びた後ですね。丁度TVのゴールデンタイムあたりです。30分程行って、その後夕食になります。食事をとった後はヨガでさえ、全くする気にならないのです(笑)まあ食後の運動はよくないと言いますし、それはそれでOKだと思います。

さて、ポーズの紹介ですが、一応目指しているモノは鳩のポーズになります(全然出来てないですけど)難易度はかなり高いポーズだと思うんですよね。鳩のポーズが高難易度だ、と言っている書籍やネット記事は見かけないのですが、個人的に難しいかなと・・。全身を使いますし、太ももの前面の筋肉の柔軟性が必要なので、他のポーズでは使わない箇所が伸びてイイ感じです♪

さて、そのほかは、合蹠のポーズを中心とした胡坐をかく系のモノをしてますね。調子が上げってきたら、寝ながらヨガも取り入れて30分以上することもあります。

最近気づいたことですが、ながらヨガの場合は呼吸が疎かになりがちなんですよね~。ポーズは一回その型に入れば何も考えなくても続くのですが、呼吸はある程度の意識が必要ですもんね。・・ってわかっちゃいるけど出来ないです(汗)

普段の呼吸も意識するようにしてはいるのですが、これも1時間後は絶対に忘れてます。日常の呼吸もヨガの呼吸みたいに深くできれば健康に良さそうですね♪色々改善策も考えつつながらヨガを続けていこうと思います。それではまた。

 

もっと見る

ヨガを続けるコツは多数

こんにちは、リカです。昨日あたりから夜が寒すぎて凍えそうです。外で運動するなんて全くもって思わないですね(笑)年末にスポーツをするって決めて、ヨガを選んでよかったです♪家で出来るのはありがたいですね。雨風関係ないですよ。

とりあえずヨガマットは買いました。暑さは10mm!極厚の部類ですね。それを下にしてヨガのポーズをとってます。なぜ10mmかといいますと、最初は床で行っていたのですが、かかとが痛すぎて断念。とにかくかかとの痛くないモノで選びました。そんな感じでヨガはゆっくりですが、続いています。

基本は雑誌で学習です。そして、TVをみながらのながらヨガですね。なので基本座るか横になるかのポーズがメインとなります。そんなので続くか不安な気がしますが・・これが意外とできます!

コツとしましては、TVの前にヨガマットを敷いておくのです♪するとヨガをやろうかな?どうしようかな?といった考えが浮かぶ前に着手できるという優れもの。ヨガマットをしまうとこうはいかないでしょうね。まあ部屋の外観といいますか、マットの敷きっぱなしは若干散らかってる感がありますが気にしないことにしてます。

私が普段行っているポーズも紹介します。牛面のポーズと呼ばれているモノです。コチラはヨガの中でも比較的難易度の高いポーズとされています。臀部の筋肉が強張っている気がしてますので脚を組む子のポーズは非常に有効です。また、上半身も肩を複合的に伸ばしますので、全身を使用するポーズのため、筋肉がほぐれて肩こりが解消されたり柔軟性がアップするといったメリットがあります。そして当然座ってのヨガになりますので、ながら作業も余裕で出来ます。

こう考えてみると、ヨガってほとんどのポーズがながら作業で出来ますね♪

もっと見る